• Home
  • Art works
  • 喜多尾ボンタン礼子「自分の影に得意になったオオカミとライオン」
喜多尾ボンタン礼子

自分の影に得意になったオオカミとライオン

油彩

10F (53 × 45.5cm)

2020年

¥770,000(税込)

イソップ寓話「自分の影に得意になったオオカミとライオン」の中に静物画を合わせた独創的な作品です。

「自分の影に得意になったオオカミとライオン」
太陽が西に傾いたある夕方、荒れ野を一匹のオオカミがさまよっていました。地面にその影が、長く長くうつっています。
それを見てオオカミは、「こんなに大きな体をしたおれが、ライオンを怖がるなんて。このとおり、身長が30メートルもあるんだから、おれだって、簡単に百獣の王になれるさ」オオカミがすっかりいい気になっているところへ、大きなライオンが飛びかかってきて、ガブリと噛みつきました。オオカミは考えを変えて叫びました。「うぬぼれが身を滅ぼすとは、この事だ」と。

このオオカミの様に、自分の力を過信する事は非常に危険です。